2007年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.27 (Fri)

サンデー感想 第515話 借り物の体

コミック50巻を読んだわけですが、あの死神鬼とのイベントから殺生丸さまの受難が始まり、それは今現在も続いているようです。

不気味な奈落の分身妖怪の名は曲霊(まがつひ)と言って、奈落のにおいが確かにするんだけれど、正確には奈落の分身じゃないようです。
四魂の玉の中の邪念が奈落の体を通ったときに、
あ、このパーツもらうわよ。そうそうこっちもね。あれとこれとそっちのパーツも頂戴。ケチケチしてんじゃないわよ!・・・てなノリで奈落の体から体を強奪して出来た妖怪なんじゃないですか?だから中身は四魂の玉の邪念。体は借り物ってカンジで。

そんな借り物妖怪に串刺しにされて、毎回ほんっとに都合よく現れた弟犬にまで哀れまれて、戦国最強の大妖怪であるお兄様の心はズタズタです。ですがやられっぱなしじゃなかった。串刺しにされた右腕を気合で治し(笑いっ)犬夜叉との格の違いを見せ付けるかのように、化け犬になって借り物妖怪の頭を食いちぎりましたよ。
それでも借り物妖怪はまだ生きているというしぶとさです。あくまでも借り物の体だからね。借り物にいくら攻撃してもダメージにはならないみたいです。
そして、かごめちゃん。
この妖怪に睨まれただけで体が動かなくなったのは、どうやら四魂の玉絡みのようです。邪念がなにか作用したのでしょうか。

それにしても冥道残月破を犬夜叉に譲ったばかりにと、邪見から責められる犬夜叉はちょっとかわいそうではありませんか?
刀のことを責められて、彼にしては珍しく罪悪感みたいな、後ろめたさみたいなものを犬君は感じていたようですが、冥道残月破は犬夜叉が望んで手に入れたものではなく、父上からむりやり押し付けられたイヤゲモノ(貰って嫌な土産物)
犬夜叉が冥道残月破で、サクッと借り物妖怪をあの世へ送ってしまえば一気に解決するのに、この危機的状況に陥ってなお彼が冥道残月破を使わないのは、もしかしたら兄への後ろめたさがあるのではないでしょうか。兄の目の前でタナボタ式に手に入れた冥道残月破を軽々と使いこなしたなら、そらお兄様だって気分悪いわな。

その邪見。りんちゃんや琥珀や弥勒さまたちは阿吽とともに撤退したのですが、一人戦場に残されてしまいましたよ。心配したりんちゃんに弥勒さまが「あの人は大丈夫でしょう」と言っていたのですが、弥勒さまは知らないのねん。邪見も一度死んでいるのです。りんちゃんと同じく殺生丸さまの天生牙では助からない命なのです。
たぶん留美子先生は邪見を解説役として戦場に残したと思うのですが、攻撃の巻き添えを食って殺生丸にかばわれる邪見の図というのも見てみたい気もします。
・・・ちょいキモイ図になるかもしれんが。
巻き添えくって死に掛ける邪見を殺生丸さまがそっと抱き上げて、48巻の冥界編のように「邪見・・・」なんてやってるシーンを妄想しちまったよ;;;;

スポンサーサイト

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

18:58  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.22 (Sun)

管理人、釣り針に喰らいつく

「Dearest」という曲名を聞いて、
ああ犬夜叉の曲ね、と反応するのが犬オタ。
あゆの曲ね、と反応するのが一般人。

さて、先日管理人は自分の部屋で、むほむほと妄想たくましくしながら、愛パソジョージファーストで次のTOP絵にする絵を楽しくお絵描きしていた。
いや~、父上と母上って描いていて楽しいですな~。お互いに化かしあいや駆け引きをしながら楽しんでるみたいなイメージもあるし、ヘビとマングースみたいな食うか食われるかみたいなイメージもある。もちろん食われるのは父上のほうなのだがw
その二人の間で育った殺生丸さまの幼少期がぜひとも知りたい。留美子先生描いて描いて描いて~~~~っっ。

そんな楽しい妄想をしながらペンタブをしばきつつ、イラストを描いていたワタクシの耳に、
突如 Dearest が隣の部屋から流れてきた。

なぜ?なんであの犬オタ曲が一般家庭に流れているの?
ワタクシ、ペンタブを握る手がピタと止まり全身フリーズ状態。

も、もしかしてワタクシの持つ犬CDを誰かが再生したとか?あるいはネットワークウォークマン(ポータブルMP3プレーヤー)に保存してあるDearestを、誰かが大音量で再生させたとか?いやいや、待て待て。そもそもネットワークウォークマンにはスピーカーなんて付いてないじゃん。イヤフォンがなければ聴けないはず。だからこんなふうに部屋に音楽を流すなんてことはない。ということは、誰かが犬CDを勝手に拝借して、普通のCDプレーヤーで再生させたとしか思えん。

しかし、なんでそんなことをする?
もしかしてこれはワタクシの目の前にぶら下げられた釣り針ではないのか?巧妙に仕掛けられた罠ではないのか?あるいは踏み絵か?
ワタクシが真実を確かめようと部屋のドアをバタンと開けたらば、「かかったわね。犬オタだと認めたわね」と家族がニヤニヤしながら立っているのではないか?

・・・と、痛いことを考える、被害妄想の激しいワタクシ。ひたすら藤吉(ふじよし=腐女子)であることを家族に隠し、ヒンコウホウセイな一般人を可憐に演じていると、ついつい裏の裏まで読んで疑心暗鬼にかられてしまうという非常にひねくれた性格になってしまうのであります。ええ、激しく痛いですとも。

しかし、管理人ついに耐え切れなくなり、真実を確かめるべく部屋を出ていきました。もし犬CDが勝手に持ち出されていたならば、傷が浅いうちに取り返さなくてはなりません。
そしてドアを開けて隣の部屋で見たものは・・・。

近くに住む弟嫁がCDプレーヤーでCDを再生している姿でした。
私「・・・(釣り針を警戒しつつ)なにしてるん?」
義妹「このCD、家のプレーヤーでうまく再生できないみたいで、こっちのプレーヤーならできるかと実験してた」
見ると、手には浜崎あゆみのアルバムが。

・・・そうか。そうだよな。Dearestは犬夜叉の曲ではなく、あゆの曲なんだ。


一般人にとっては Σ(゚Д゚;)

CHANGE THE WORLDもFour seasonsもGrip!も、犬夜叉の曲じゃないんだ。

一般人にとっては _| ̄|○


犬オタと一般人との認識の違いっつーもんを実感し、自分の痛さを再確認しましたとも。で、そんなワタクシは転んでもタダでは起きない。しっかりそのアルバムを弟嫁から借りて、Dearestは今ワタクシのネットワークウォークマンのなかにちゃっかり収められているw
や、ワタクシの持っている犬CDにはテレビサイズのワンコーラスしか収録されてなかったんだよ。フルコーラスってやっぱりいいな。

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

12:44  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.21 (Sat)

サンデー感想 第514話 危機

この前の感想の続き。

名前不明の奈落の分身妖怪は、四魂の玉に封じ込められた邪念でできているらしい。その容貌が顔と体に妖線があって、殺生丸さまをものすっごく邪悪にしたような感じ。
それだけでも殺生丸ファンの心理を逆なでするのに、この妖怪ってば殺生丸さまに向かって「弱いな」などとほざきやがりましたよ。あからさまな挑発にムカッ!となってしまったのは、殺生丸さま本人ではなく腐女子な殺生丸ファンであるこのワタクシ。なんかこの妖怪ムカつくわ。

事実上武器を持たない殺生丸さまの攻撃は爪。その毒をはらむ爪で分身妖怪を華麗に攻撃なされる殺生丸さまwですが攻撃をしかける殺生丸さまの右腕を、分身妖怪がその体に取り込んで放しません。そしてそのまま身動きとれない殺生丸さまの右腕を分身妖怪がグッサリと触手のようなモノで貫いたときは、もう痛々しくて目を逸らしてしまいそうになりましたよ。隻腕の彼に残された右腕を狙うなどと、そりゃ反則だろうが。許さん、許さんぞ。奈落の分身。
しかし、なぜ右腕を攻撃するのだ。貫くならもっとうほほwな場所があるだろうが。

下から一気に貫ぬい・・・!

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ


琥珀の加勢もムダに終わり、それどころか四魂のカケラまで穢されてしまう始末。この妖怪なかなか手ごわいです。やっぱり四魂の玉の邪念でできているからでしょうか。さらに加勢に加わった犬夜叉ご一行のかごめちゃんまでこの妖怪に力を吸い取られたのか倒れてしまいます。かなりヤバイ状態ですね。
・・・というところで以下次号。

次号の展開が気になるのですが、なんとなく殺生丸さまが犬夜叉の踏み台というか、当て馬というか、そういう使われ方をされてしまいそうな予感がします。や、今までがそうだったからね。特に前回の天生牙のイベントでは殺生丸さまのみならず、ファンも大打撃受けましたからな。ファンは相当なトラウマになってるのねん。
それにしても琥珀ってばちゃっかりと殺生丸一行の一員になってるんですね。殺生丸さまに助けられたりして、確実に一行の中で自分のポジションを築きつつありますね。この世渡り上手wつか、殺生丸さま、いつのまにか世話焼きグセがついたみたいです。これもりんちゃんの調教のおかげなのでしょうか。

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

14:08  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.18 (Wed)

サンデー感想 第514話 危機



きゃああああっっっ!!!

お兄様がっっ!!!


許さん、許さんぞ奈落の分身め。
これ以上お兄様を傷つけないでよおおおおっっっ。
右腕まで攻撃するなんてマジ反則だろうが。
あわわわっ、こうなってしまっては左腕を奪った犬夜叉を恨んでしまいますよ。殺生丸さまは恨んでなどいないと言い切った清清しさですが、腐女子の邪念で四魂の玉まで穢してしまいそうなワタクシは、お兄様のように思うことができません。
よよよ・・・。犬たん、殺生丸さまの左腕、返して。(´;ω;`)ウッ

とり急ぎの感想でした。続きはまたあとで。

そそ、本日犬夜叉50巻発売です。表紙に殺生丸さまと犬夜叉。そして死神鬼。裏表紙はパジャマ姿のかごめちゃん。
内容は死神鬼のイベントから新生飛来骨の途中まで。殺りんファンなら買いでしょう。
しかしもう50巻ですか。すごーっ!

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

11:16  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.16 (Mon)

サンデー感想 第513話 玉の邪念

ちょい時間が無いのであとで感想書きます。
とりあえず今こんなカンジ。




美男美女カップルは描いていて楽しいな~。しかしこの二人、父上×十六夜みたいにほんわかしたカップルのイメージではもちろんなくて、「食うか食われるか」とか、ヘビVSマングースみたいなイメージがあるのはなぜだ。
_| ̄|○



祝、センターカラー!

お兄様のカラーが拝められて

悶え死にそうなワタクシです


このお兄様、やはりというかなんというか、あちこちで怨みをかっているようです。
目の前に現れた鬼から箔づけにケンカをふっかけられるとは、そこらのチンピラとかわりないじゃないですか。お兄ちゃん、もうちょっと節度ある行動しようよ。
_| ̄|○

そして殺生丸さまの腰に注目し、ニヤニヤとヨコシマな笑いを浮かべたのはワタクシだけではないはず。
ああやっぱりね。ご機嫌なおったんですね。どんな顔してりんちゃんから刀を受け取ったんですか?お兄様。そこんとこ詳しくwと、目の前に殺生丸さまがいたらとことん質問攻めにしたいです。殺りんファンとしてはそこを突っ込まなくてどうするよ。
それにしてもお兄ちゃん律儀ですな。本当に天生牙がいらないなら、いくらりんちゃんから渡されたとしても、捨てちゃえばいいのにそうしない。やっぱり父上の形見だから捨てられないのでしょうか。どんなにないがしろにされたと思っても、心の中では父上を慕っているとみた。

そして奈落がまた新しい分身を産み出しました。
どこかで見慣れた妖線の入った腕がにょきっと出てきたときは殺生丸の腕キターーーー!!犬夜叉に切り落とされた腕を使って新しい分身を産み出したかwwwと思ったのですが、違ったみたい。そういえばあの腕は父上のお墓あたりにまだ落ちているんかな。

で、奈落の新しいの正体分身ですが、四魂の玉に長年封じ込められていた邪念らしいです。それがまあ、腕に妖線はあるわ、体にもあるわ、顔にもあるわで、殺生丸さまをものすごく邪悪にしたような姿です。
その邪悪な妖怪が殺生丸さまの前に現れました。しかも「弱いな」と殺生丸さまを挑発してます。
わざわざ殺生丸さまの前に現れたということは、少しは殺生丸さまに関係があるんでしょうか?それとも単に戦闘力の落ちた殺生丸さまを狙って、琥珀の四魂のカケラゲットを狙っているのでしょうか。

きっと今回は殺生丸さまが自分自身の武器を手に入れるイベントだと思うのね。どんな武器になるのか楽しみなのですwそして少しでもいいから殺りん展開があればいいなと。ええ、多くは望みませんが、少しくらいサービスを期待してもいいんじゃないかと。あの前代未聞の殺りん祭りからもうすぐ一年になるんですね。母上ももうそろそろ再登場されてもいいのではないかと。


テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

13:36  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.11 (Wed)

サンデー感想 第513話

ちょっwwwwwww!!!

殺生丸様がお出ましって

マジっすか!?


あわわわっ、まだサンデー読めていません。拍手でタレコミ情報ありがちょー。
天生牙が腰に挿されていたですって?ということはアレですな。ご機嫌がなおったのを見計らって、りんちゃんが天生牙を殺生丸に渡したのですな。どうやってなおったのかしら?その状況を妄想すると萌えるw
それとも逆かね?天生牙を差し出すりんちゃんを見て、殺生丸はご機嫌をなおしたのでしょうか。

それともアレでしょうか。

りんちゃんで無理やり

ご機嫌をなおした


のでしょうか。例えばこうな


「殺生丸さま、ご機嫌なおしてね。りん、なんでもしてあげるからね」
「・・・・」
「殺生丸さま・・・?」
「なんでもと言ったな」
「うん!」
「ではしてもらおうか」
「え・・・?」
「りん、来い」
「あ、あの・・・きゃっ!殺生丸さま・・・やだっ」
「なんでもと言っただろう」
「でもそれは・・・んんっ・・・!や、やめっ・・・」
「この程度ではまだ気がおさまらん」

・・・そりゃおさまらんだろうて。おさまるどころか、ますます気分は高ぶるばかり。
いやああんっ、妄想ばかりが先走ってしまいます。今日はもう読めないので明日は絶対コンビニダッシュします。

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

20:46  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.07 (Sat)

サンデー感想 第512話 正しい願い

ふと気がつけば、かごめちゃんの受験まで一ヶ月弱。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 一ヶ月弱!?

いつのまにそんな事態になってしまったんでしょう。暢気に奈落退治なんてやってていいんかい?あえて言おう。このままでは確実に落ちると!

しかし最近の原作は動きがあります。
かごめちゃんが封印されてるとか、その封印をしたのは実は桔梗ではなく四魂の玉だったとか、物語の核心に触れる部分が明らかになってきて、なんかこう、着実に終わりに向けてコトが進んでいるという感じを受けます。
が、ふと気がついてみるとなぜか私の頭の中ではかごめちゃんの受験と同時に奈落退治も終わり、進学と同時に犬夜叉というお話も終わり、という刷り込みに近いものがあったのです。なんでだ?キリがいいからでしょうか。
別に進学後だって奈落退治してても何も問題なかったんだよな。つか、原作のどこを見ても受験にあわせて奈落退治も終わり・・・なんてことはひとつも描かれていないわな。

それから犬夜叉冒頭の箇所。かごめちゃんが由来を聞いてもすぐに忘れてしまうという設定。留美子先生はすっかり忘れているんじゃないんかい?と、ファンの間ではまことしやかに囁かれていたあの設定がちゃんと生きてきましたよ~。冒頭から数えて約50巻。その間それについて触れたことは一度も無し。実に長いロングパスでありました。

そして四魂の玉についての謎が明らかになりましたね。この玉を最後に持ったものが唯一の正しい願いをすれば、四魂の玉は消滅するそうです。正しい願いってなんでしょう?

玉の中では善と悪がせめぎあい、翠子の魂が今も妖怪と戦っているそうです。なので、正しい願いとは、

悪=妖怪の消滅

・・・なのかなと考えてしまいました。もちろん妖怪が悪なんて絶対言い切れないんですが、妖怪と戦って力尽き、死してなお妖怪と戦い続ける翠子はきっとそう思ってるんじゃないかなと。

桔梗も犬夜叉に人間になったら四魂の玉は消えると言ってましたし。犬夜叉が人間になるということは、四魂の玉で犬夜叉の中の妖怪の部分を消すことだから、やっぱり「正しい願い」とやらは、妖怪の消滅なんじゃないかなと。ちょい飛躍的だけどそんなことを考えてしまいました。

しかしそんな展開だけは絶対にならないでいただきたい。
妖怪が悪だなんて思いたくない。つか、そんなことになっちゃったら


四魂の玉で殺生丸さままで

消えてしまうじゃねえか!



いやあああああ!それだけは絶対いやああああ!
ああああ、でもかごめちゃんの住む現代には妖怪はいないんだよね。殺生丸さまも現代にはいないんだよね?ということは、妖怪は絶滅したことになるんだよね?そのことから考えると、やっぱ四魂の玉の力で絶滅したのかしら。
(あ?ナントカという妖怪が一回出てきたっけ。名前忘れたけど)

。・゚・(ノД`)・゚・。
だ、大丈夫だ。今までワタクシの考察や予測なんぞ当たった試しがないさ。今回の考察も腐女子の戯言で終わりさ。

で、正しい願いって、いったいなんでしょうね?



テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

13:05  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.02 (Mon)

サンデー感想 第511話 かごめの霊力

_| ̄|○
なんかもう完全に感想を書く機会を失ってしまった今週の・・・いや、先週のサンデー。
かごめちゃんレベルアップのイベントだと思っていたのに、かごめちゃんに秘密(?)が存在するということが明らかになったお話でした。

ちょっと前の感想に書きましたが、「同じ魂でありながら桔梗とかごめちゃんの霊力に差があるのはおかしい」
・・・というくだりを書いたとき、実は続けて「むしろかごめちゃんが封印されてるような」
・・・ということを書こうとしていたのです。でも思いっきりその場の勢いの思いつきな意見でしたので、とりあえず却下。かわりに「きっと成長過程なんだねっ」と書いておきましたわ。そしたらば、封印ネタがマジでくるとはな。
ふっ・・・。某銀英伝の「未公開の予言など一ミリグラムの価値も無い」というありがたいお言葉がワタクシの頭のなかでエンドレスで流れますよ。たしかに後から書いてもちっとも説得力はありませんわな。

で、今回見事に弓を使って瞳子の後ろにコソコソ隠れている奈落を射抜いたかごめちゃん。奈落は粉々。犬夜叉ついに最終回・・・というわけにいかないのが奈落のしつこいところ。蜘蛛の糸の結界は解けたのですが、肝心の奈落はいつものように退散したようです。つか、飛来骨に体を砕かれ、かごめちゃんに頭をくだかれて本当に大丈夫なんか?奈落が魍魎丸をゲットしたときに、赤子も一緒に回収したから心臓は奈落の体に戻ったと思っていたのですが、体を生きているということは、奈落はまた心臓をどこかに隠したかもしれませんね。

奈落から開放された瞳子は、かごめちゃんの霊力が封印されている、おそらく生まれたときからと告げ、昇天されます。
でもそれを封印したのは誰?ワタクシは一瞬奈落かと思ったのですが、かごめちゃんの考えでは、桔梗のようです。

ではなぜ桔梗は霊力を封印したのでしょうか。
まっさきに思い浮かぶのは、桔梗がただの女として生きたかったから。封印の矢で時代樹に封印された犬夜叉に、ただの女として生まれ変わって会いたかったから。
これ以外の理由なんて思い浮かばんわ。ベタな理由だけど泣ける。胸きゅんきゅんですよ。

ほかに何かあるでしょうか。もしかしたら留美子先生は、ものすんごいどんでん返しを用意しているかもしれません。
でもなー、かごめちゃんと桔梗は別人間と、留美子御大がおっしゃってるそうだし、楓おばーちゃんの「ただの生まれ変わりではないかも・・・」の言葉も気になるしな。このセリフ、留美子御大はすっかり忘れているかもしれませんが。
でもな、読者は覚えているのな。むふふっ。

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

18:44  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。