2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.25 (Wed)

マクロスFを見たせいで

バ行の腐女子があまりにもおもしろかったので、ワタクシの心は数日間マクロスFに飛んでいってた。
マクロスシリーズはワタクシの黒歴史の一部であるにもかかわらずである。

どう黒歴史かというと、厨二病満載のころにマクロスシリーズを見ていたので、当時の自分はカプ厨だったり、キャラ厨だったり、気に入らないカプ厨を攻撃したり、製作サイド罵倒など、今考えるともうガキの思考丸出しで、頭を抱えて床をゴロゴロのた打ち回りたくなるくらいの黒歴史である。若さゆえの暴挙とはいえ、これはないわ。自分で自分にドン引きだよ。
なので、一応更生したワタクシがコレを再び見るということは、自分の黒歴史にセカンドレイプされてる気分になるわけですな。

キサマの過去の愚行を

とくと見るがいいわ!!


と、見せつけられている気分なのです。

そんな過去の過ちをとりあえず横においといて、マクロスF見ました。
早乙女アルトが二股かけてるとか、優柔不断であるとか、別にそんなの気にならなかった。
きっとアルトは目の前にある物事が一番大事なわけで、「行かないで」といわれれば、それが本命であろうが二股相手であろうが、手を差し伸べてしまうのである。

・・・て、アレ?どっかにいたっけ。こんなキャラが。
ああ、いましたね。だからワタクシこのキャラをすんなり受け入れてしまったんですね。
すごいなあ、犬夜叉。

で、ワタクシが特にお気に入りなのがシェリルです。
強さの中に時折見え隠れする弱さが好き。
「あたしを誰だと思っているの!?あたしはシェリル。シェリル・ノームなのよ!」
とは彼女の決めセリフですが、きっとこのセリフを言うたびに、自分の中の弱い心と戦っているんだなと思うのです。プロ意識が強くって、絶対妥協しない。アルトを下僕扱いする女王様なところも好き。
つか、「アルトのくせに生意気っ」とアルトをのび太扱いする彼女が好きw

なので、ワタクシはアルシェリを推しますというか、シェリアルになってしまいました。
アルトは女王様シェリルに攻められるがよろし。やつは根っからのドMとみた。

そんなわけで、ワタクシはもう一人のヒロインであり、アルトを奪い合うランカのことは、別になんとも思わず「ふ~ん・・・」みたいな感想でした。
が、物語を見続けているうちに、ランカにどうしようもなくイライラしてきた自分がいた。
「この女イラつく」とか「なにがアルトくんwだよ、てめー計算してんだろ」とか、「もの欲しげに上目遣いしてキモイんだよ」とか。いつの間にかそんなことを思ってしまっていた。
ついにはテレビ画面に向かって

「死ね」


と言ってしまった自分がいた。
言ってしまってから、そんな言葉が出た自分に愕然とした。

カプ論争なんて絶対にしない、そんなことするのは愚の骨頂。ガキのすること。ましてや自分の思い通りの展開にならないからって製作サイド批判するなんて、ファンにとってはあるまじきこと。おまけにキャラに死ねと罵倒するなんて、そんなのファンじゃない。そう普段から思っていただけに、この自分の変化は衝撃だった。
まるで自分が厨二病まっさかりのころに戻ってしまったみたいだった。
やっぱりマクロスシリーズは自分をガキの思考に戻してしまう。
マジやべー。絶対やべー。

とりあえず最終回まで見たけれど、やっぱりマクロスシリーズには極力手を触れないことにしておく。勢いでイラストを描いてしまうこともあるかもしれないけれど、(シェリルは描いてみたい)この作品は、ワタクシにはやっぱり近寄ってはいけない作品だったみたいだ。
犬の世界の戻ってイラストの続き描こうっと。


スポンサーサイト

テーマ : マクロスF(フロンティア) - ジャンル : アニメ・コミック

22:48  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.22 (Sun)

殺生丸ファンなら誰もが通る道

の一つにあのモコモコがあります。
先日もモコモコについて質問がありました。Hる様、ありがちょーw

私が最初にアレを見たときは、単に毛皮を肩に羽織っているだけかと思っていたんですよ。ゴージャスに見えますし、殺生丸さまの華麗さを演出するには最適のアイテムですwさらに同人展開で彼を脱がせたときは、あのゴージャスな毛皮でイヤンな場所をさりげなく隠すこともでき、チラリズム度を上昇させるエロアイテムとして、なかなかの優れものです。

そんなモコモコですが、単なる飾りだと思っていたわけですが、殺生丸さまが化け犬に変化されたときに、カラダに巻きつくようにあのモコモコがありましたので、「ああ、あれは尻尾だったんだ」と納得したわけです。
webサンデーにもそんなことが書いてありましたしね。
蛇骨たんにモコモコを攻撃されたときも、映画で猛丸に攻撃されたときも、血がブシュッと噴出していましたので、あの毛皮は単なる飾りではなくて、ちゃんと殺生丸さまの体の一部で身が詰まっていて、血も通っているようです。彼の後ろからトコトコ歩いてくるりんちゃんに、うっかり踏まれると、けっこう痛いはず。むしろりんちゃんに踏まれるなら快感ww
さらに同人妄想するならば、あのモコモコを掴むと殺生丸さまの耳がビンビン立って、言い知れぬ快感が彼の体を襲うはずwwwうはは。

なので、あのモコモコは着物にくっついているわけじゃなく、ちゃんと殺生丸さまの体から生えているようです。
じゃ、殺生丸さまの体のどこからモコモコが生えているかというと、これが原作版とアニメ版とでは微妙に異なります。

まず原作。
モコモコは尻尾なので、きっちり殺生丸さまの尊い美尻から生えているようです。きちんと美尻の位置にモコモコがあります。それがふさふさわさわさと伸びて、肩でくるんと巻いている状態。
(でも母上さまのモコモコはお尻から生えているように見えないという謎)
そしてアニメ。
映画第三弾のアニメコミックに、彼の後姿があるのですが、それを見ますと美尻の位置からではなく、右わき腹のあたりから生えているような感じです。パッと見、ただの毛皮を肩に羽織っている状態に見えます。もしかしてモコモコは袴の下から着物の下を通り、右袖の付け根から外に出している状態なんだろうか?はは、まさかな。そんなカッコワルイこと殺生丸さまがするハズないです。
念のため設定資料も見ましたが、やはりアニメ版殺生丸さまのモコモコは、美尻の位置から生えてはいないようです。
設定資料を描いた方がそこらへんをあまり考えず設定してしまったか、あるいは製作の都合上大人の事情があったのかもしれません。

ちなみに拙宅の殺生丸さまは、モコモコが取り外しできるという設定です。だってさ、エロシーン描くときに(おいっ)モコモコはりんちゃんのカラダを優しく包む、便利なお布団代わりになってくれるけれど、それが殺生丸さまの美尻からニョキッと生えてるのは、ビジュアルとしてちょっとよろしくないからな。
男性用純日本製下着(いわゆる褌ですな)を着用させるときも、尻尾は邪魔になるのよー。

そんなわけで、Hる様。モコモコは謎の部分が多いですが、あれこれと考えるのはよして、楽しく妄想するのがよろしいかと思います。



テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

11:55  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.20 (Fri)

ヤオインが頭から離れん

今日は犬夜叉にはまったく関係のないお話。
某Nリーさまが、拍手にて教えてくださったのですが、ニコ動を活動の場にしている、バ行の腐女子なるユニットがあるそうです。ワタクシ、ニコ厨という痛いオンナなのですが、いつも見ているジャンルが非常に偏っているため、バ行の腐女子というユニットはまったく知りませんでした。
なので、さっそく検索してレッツゴー。
よす、検索ヒットおk。とりあえず一番再生が多い作品を聴いてみようじゃないかと、クリックしてみたところ。

な、なんだべこりは!




あわわわ、キタよ!キタよ!この琴線に触れるものはナニ!?なぜこんなにも腹筋崩壊するんだ。なぜこんなにもヘビロテしてしまうんだ。思い当たることが多すぎる。そしてなにより、なんて歌がうまいんだ!!
ついでに元歌のライオンも聴いてみたよ。マクロスシリーズは、厨二病まっさかりの頃の、ワタクシの黒歴史の一部であるので、あんまり見たことがなかったんですが、(というか、あんまり見たくない。黒歴史にセカンドレイプされてる気分になるからな)
元歌の

生き残りたい まだ生きてたい 君を愛してる

という、一切飾らないストレートすぎる強烈で壮絶な歌詞に、ついつい本編を見たくなり、見てしまったから重症ですわな。かたくなにマクロスを拒否していたワタクシをその気にさせたヤオインはすごいです。
そして、バ行の腐女子を教えてくださったNリーさま、ありがちょー!
そして今、このヤオインとライオンが頭から離れません。よっこらせっく○がようやく頭から離れたと思ったら、次はコレだよ。
しかしすごいなー。バ行の腐女子は。ミクシにバ行のコミュがあるみたいだから、入ってみようかなっと。


・・・入ってきました。
また一歩現実社会から遠ざかった自分がいます。 _| ̄|○


テーマ : 管理人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

16:29  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.19 (Thu)

二つの物語の終わり

昨日18日は、ワタクシにとってある意味お通夜というか、葬式のキモチでした。
だってさ、二つの物語が同時に終わってしまったんだもんな。

一つは7月の半ばごろから勉強している、NHKの英語講座リトルチャロ。
テキスト発売日にゲット派のワタクシは、当然のように発売日である18日にゲットしたさ。
オールキャストで超ハッピーエンドで終わった最終話。テレビでの放送は一ヶ月先になるので、詳しいあらすじはネタバレだから控えておきますが、チャロが私の英語学習の原点になったことが嬉しい。
去年四月から始まり、一年間という長丁場だったけれど、英語が身近に感じることができて嬉しかった。
半年間、文法まるっと無視してひたすらリスニングに徹した結果、脳みそに英語が染み込んできたかというと、それなりに効果はあったみたいよ。ディズニー映画が聴き取れたり、らきすた英語版が聴き取れたときは、自分でもびっくりしましたがな。調子に乗って、オバマ氏の勝利宣言や、就任演説なんかきいちゃったり、某Fさま経由で向こうの生きた英語を教えてもらったり、ホントにちょっとずつですが、チャロの効果は現れてきております。

・・・ワタクシが向こうの掲示板に、英語でアオリを入れる日も近いかもしれん。
や、刺されそうだから まだ そんなことはしませんが。(おいっ)

NHKありがとう。
でも来年度から何を心の支えにして英語学習すればいいかわからん。萌える英語講座を作ってくり!そうだよ、学習には萌えが必要なんですよ。ジョゼフとフランクの番外編を作ってくり!

そして、もう一つのお話の終わり。
いわずと知れた、犬夜叉最終巻が発売になりました。
一ヶ月の発売延期をしたのですから、もしかしてきっとそれなりにサプライズな書き足しがあるかもしれんと、かすかな期待をこめてページをめくってみたのですが。
・・・さすが留美子御大だよ。かすかな希望さえも裏切ってくれましたよ。や、わかっていたんだがな。留美子御大が加筆なんぞされない人だということを。
いいんだ。別に。

殺生丸さまの貢ぎシーンがあれば

それだけでおk

。・゚・(ノД`)・゚・。


もう本当にこれで終わりなんですよね。留美子先生、今までありがとうございました。
♪原作終わり 途方に暮れてジャンル枯れてゆく でも!
(Nリー様ありがとうございます。バ行の腐女子最強)
ワタクシの萌えはまだ尽きていないので、しつこくサイト運営してやんよ。

そうそう。犬夜叉とかごめも発売されました。
こちらも期待を裏切らないというか、予想通りでした。いつかの鉄砕牙と天生牙のように、本編からの再録本でした。本屋でそれを手にとり、ぶ厚い本をパラパラとめくり・・・。

すまん。買いませんでした。

これが殺生丸とりんなら、たとえ再録本であろうと、光の速さでレジに持っていくよ!

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

16:50  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.16 (Mon)

噂のアレ

ネットの片隅でひっそりと噂されているアレ。
アニメ犬夜叉復活の噂。
原作終了直後からそんな噂はちらほらとありましたが、近頃の某巨大掲示板のカキコミなんか見てますと、そろそろ噂が噂で終わることもなくなってきたような予感です。
ですが、こればっかりはなんとも言えませんので、公式アナウンスがあるまで、ワタクシはこの件に関してはノーコメントにしておこうと思います。
そりゃ実現したら嬉しいですよ?動く犬夜叉やりんちゃんや殺生丸さまにもう一度会えるんですから。
しかも神楽や桔梗が散るシーンとか、お母様登場のシーンとか見れるんですもんね。
でもあくまでも噂の域を出ないので、なりゆきを見守るしかありません。
噂に踊らされて、復活するしないで犬夜叉界が混乱するのは好ましくありません。
とりあえず一ファンとして復活を静かに祈っておきますね。

が、実現したら盛大に騒いでやんよw


テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

20:32  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.04 (Wed)

留美子先生の最新作が今春始動ですって!?

ウェブサンデー見てきましたよ。
この春、留美子先生の最新作が始動ということです。
公式にリンクを貼れないのは同人サイトのお約束なので、ソースとしてウェブサンデーを貼ることはできませんが、気になったかたはウェブサンデーへGO。

どんな連載になるんでしょう?まずは今後のサンデーに注目です。
喜ばしいことなんですが、戸惑いがあります。
犬夜叉が好きすぎて、それ以外の作品を私が受け入れられるかどうか、それが不安なんですね。
新連載で新キャラが出てきても、どうしても「犬夜叉」という作品と比べてしまう。
犬夜叉はこうだった、殺生丸さまはこうだったと、なにかにつけて比較してしまいそうなんですよ。
たとえばうる星やらんまも好きで読んでいるけれど、イラストを描くとなれば話は別。
うる星やらんまで同人サイト上で活動ができるかと問われれば、イエスと言い切れない自分がいます。
なんかこう、同じ留美子作品でも、犬夜叉は別なんです。私の中で。
先のことはわかりません。もしかしたらこのサイトで新連載を取り扱うこともあるかもしれませんし、ないかもしれません。
柔軟に次の作品を受け入れられればいいのですが、私の中で、まだ犬夜叉の世界は終っていないので、きっと受け入れるには時間がかかりそうです。
でも新連載は嬉しいですね。
どんな作品になるのかな。

年の差カップルがでてきますように


↑これがあるか無いかでかなり萌え度が違うんだ、私の中で。
年の差カップル、大好物です。


テーマ : 管理人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

22:53  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.02 (Mon)

よっこらせ

この歌が頭から離れなくて困っている。
元々はニコニコ動画に投稿されていたものだが、youtube版を貼っておく。
いい歌だけにコメントに困る歌なんだ。マジで頭から離れん;;;
カイト、殿、レン君、仕事選んで。








で、こんな絵まで描いてしまったから重症である。
誰かタスケテ。







etc383.jpg

よっこらせっ○す~~

弥勒さまを黒フンにするか紫フンにするかで迷ったよ。黒は奈落かな。
ちなみに殺生丸さまは白ねw
つか、ワタクシはナニを描いてんだ。



テーマ : 管理人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

12:47  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。