2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'07.01 (Sat)

今日のお絵描き



ちっとも終わらないのはなぜ?
さぼってません。ちゃんと描いてます。
・・・や、ホントは今日Dグレ小説ゲットのために本屋に探索に行ってました;;;;

続きはあとで。ちょいお風呂入ってきます。|ω・)ノ 行ってきま

さて、Dグレ小説探索ついでに某ツタヤに行ってビデオを物色してきました。
足が自然とアニメコーナーに向かってしまうのは、とても悲しいことです。自分がオタクだと実感する瞬間です。そのアニメコーナーで目にしたのが「ハチミツとクローバー」のDVDでした。
通称ハチクロ。
原作についての詳しい説明は省くとして、ワタクシアニメ版は見たことがありませんでした。
借りようかな、どうしようかな。げっ、会員証持ってなかった。作るのめんどっちー。
んで、結局借りなかったんですが、パッケージに載ってたアニメ絵をまじまじと見てしまったのです。

だって原作の雰囲気そのまんま。
あ、これ原作のあの部分だよね!そうそう、森田がアメリカで賞もらったんだよ。
あ、クリスマスのあのシーンだわ!

・・・というふうに、原作の雰囲気を損なわない作画に、ワタクシはブラボーと賛辞を贈りたいくらいでした。
たとえばこれがサンデーの某M○Rとか、マガジンの某ネギ○!のようなアニメ絵だと、作画もしやすかったことでしょう。ですが、ハチクロのあの絵をアニメ絵に変換し、なおかつ原作に忠実に再現するには並大抵のことじゃなかったと思います。

私がDグレの絵をアニメ絵に変換したとき、そりゃもう大変なストレスでした。
色彩設定は?影は何段?原作の雰囲気にあった塗り方はどうするの?
たかだか二枚描いただけでストレス感じてしまいました。
原作の雰囲気を壊さず模写するのって難しい。アニメーターはそれが仕事とはいえ、本当に脱帽する思いです。
ハチクロの作画スタッフには本当に尊敬します。私にはとてもマネできないと思いました。
いや、すごいわ。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

21:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。