FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.31 (Thu)

サンデー感想 第471話 慈悲の心

仕切り直しの感想です。
今週もたくさんの萌え爆弾が投下され、幸せの爆撃でワタクシ萌え死に寸前です。

まず表紙。
これに萌え殺された殺生丸ファンはワタクシだけではないはず。
あの悟りきった穢れなきお顔。澄んだ瞳。完全にキャラ変わってるが、そんなの気にしない。そして彼にそんな顔をさせたのは、まぎれもなくりんちゃんであることをここに強く主張したいw

さて、冥道から戻ってきた殺生丸の腕には、目を覚まさないりんちゃん。そのりんちゃんを復活させたのは、やっぱりというか、予想通りというか、殺ママンでした。
そこにいたるまでのママンのお言葉が、胸に染みるではありませんか。
強さを求め、いきがっていた息子へのありがたいお言葉ですよ。
「命とは本来限りあるもの」と。
「神になったつもりだったのか」と。
そしてここで萌え爆弾発射!

「そなたは知らねばならなかった。愛しき命を救おうとする心と同時に、それを失う悲しみと恐れを」
ぎゃーっ!愛しき命ですって!愛しき命ですってーーーーっ!!!
そりゃもちろんりんちゃんのことですよね。
そしてママンのお言葉は続きますよ。父上からの遺言でもあります。
「天生牙は癒しの刀。たとえ武器として振るう時も、命の重さを知り、慈悲の心を持って、敵を葬らねばならぬと」
「それが百の命を救い、敵を冥道に送る天生牙を持つ者の資格だと」

ぎゃーー・・・やっぱり奈落に対しても慈悲の心を持たねばならんとですかー・・・

そして冥道石でりんちゃんを救うママン。
たぶん殺生丸が慈悲の心に目覚めることをせず、りんちゃんの為に泣くことも(邪見が代理で泣いたけど)しなければ、りんちゃんを生き返らせることなどしてくれなかったでしょう。殺生丸の心に免じて、りんちゃんを復活させてくれたんだと思います。
冥道石から光があふれ、りんちゃんの心臓が動き出し、目を開けたりんちゃんの視線の先には感無量なお顔の殺生丸さま!!

少女が目を開いたことを、
少女が再び微笑んだことを、
少女が自分の名を呼んだことを、
殺生丸は一生忘れないことでしょう。

そして次のシーンで最大の萌え爆弾が炸裂!!

ゴホゴホと涙目で咳き込んだりんちゃんのほほに、そっと触れる殺生丸の大きな手。
「殺生丸さま・・・」
その手に添えられた、りんちゃんの小さな手。
「もう・・・大丈夫だ」と、ずっと手を離そうとしない殺生丸。見詰め合ったままの二人。
安心しきったりんちゃんの顔がかわいらしく、見ているワタクシもとても幸せになれた、とてもステキなシーンでした。
はうわっ、もうダメだよ。ここまでやっちゃったら、もう二人は離れられねーよ。母の目の前で愛を誓ったも同然ですよ。

そして母上さまのセリフがキターーー!!
「人間の小娘一匹にこの騒ぎ・・・」

変な所が父親に似てしまったな

・・・て、おおおおおおっっ!!!!ここここ、これは嫁認定と解釈してよろしいのでしょうか。
ぎゃーーーっ!!!お母様も認める嫁認定ですよ。や、もう殺りんファンやっててよかった。こんな日がくるとは本当に思いませんでした。ありがとう、お母様。ありがとう、留美子先生。

そしてなっ!!今回邪見がとてもとても愛しかったのよ!!
泣くことのできない殺生丸の代わりに涙を流す邪見。
りんちゃんを生き返らせてくれたママンに、殺生丸の代わりにお礼を言う邪見。
最後にペコリとママンにお辞儀をする邪見。
なんてかわいいんだ!!もう、もう、長さんの声が聞こえてきそうですよ~~。

そして、影の薄かった琥珀きゅん。
りんちゃん同様、天生牙では救われない命だそうです。同人設定では、天生牙で生き返らせるというのがあるんですけれど、これはダメでしたね。けれど琥珀きゅん。なんだか殺生丸をアニキ認定しちゃったようなカンジです。

ついて行こう・・・

ですって!!いいのか?殺生丸とりんちゃんに当てられっぱなしで旅を続けることになるんだぞ?
とりあえず、オフィシャルでのチミの当て馬人生のスタートに幸あれ・・・って、無理っぽい;;;;


さて、約一ヶ月に渡る殺りん祭りも一応一区切り。
この祭りが始まったとき、祭りの終わりには留美子先生への感謝の言葉で締めくくろうと思っていました。
殺りんサイトを始めて2年と半年。これほどまでに大規模な殺りん祭りは初めてでした。
毎週毎週、殺りんファンが泣いて喜ぶ萌え燃料を、これでもかというほど投下してくださってありがとうございました。ワタクシたちの妄想設定が、一気にオフィシャル設定になってしまったり、殺生丸とりんちゃんの深く強い絆を知ることができたり、常に萌えに飢えている殺りんファンには、本当に信じられないくらいの幸せな展開でした。これからも元気に萌え活動できそうです。留美子先生、本当にありがとうございました。


が!!
マジでこれで冥界編は終わりなのん?

父上ご出演希望とか

左腕復活のイベントとか

りんちゃん脱人間の予感とか


いろいろ予想してたんですが
やっぱり全部外れたのねん;;;;

贅沢言ってはいけないとわかってはいるのですが、父上だけでも出してほしかったです~~。



テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

02:44  |  犬夜叉感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。