2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'06.25 (Wed)

どなたか字書き様はいらっしゃいませんか

先日ついに最終回を迎えた犬夜叉。
殺りんファンにとっては妄想の余地をてんこ盛りにしてくれた、楽しい最終回でした。

りんちゃんが楓様の村に置いていかれたとき、どんな感じだったんでしょう?
村に戻るための訓練は誰が言い出したんでしょうか?
楓様でしょうか?ミロサンご夫妻wでしょうか?それとも何度もりんちゃんを危険にさらした挙句、ようやく連れあるいてはヤバイ状態だと学習された殺生丸さまでしょうか。

置いていくと決まったとき、殺生丸さまとりんちゃんの間でどんな会話が交わされたんでしょうか?
「また会えるよね、約束してね。りん待ってるからね」と、涙をこらえてつないだその手を離したんでしょうか?
それとも普段めったにワガママ言わないりんちゃんが、
「置いていかないで。りんも一緒に行く!」
と、珍しく頑なに拒否したんでしょうか。
初めて置いていかれた日、邪見や阿吽や殺生丸さまのいない夜をりんちゃんはどうやって過ごしたんでしょうか。泣きはしなかったでしょうか?布団の中で泣きたいのを必死にこらえていて、そんなりんちゃんに楓様が気づいて慰めて、ついにりんちゃんは泣き出してしまった。
村のはずれまで駆け出していって、殺生丸さまがどこにもいないことを悟って泣き崩れて、迎えにきた楓様に手を引かれて、泣きながら家にかえっていったんでしょうか。

もう会えないかもしれない、殺生丸さまりんのこと忘れちゃうかもしれない。
だけど無愛想で寡黙な、りんちゃんがこの世で一番大好きな妖怪は、りんちゃんのことを忘れずちゃんと会いにきてくれたのでした。

そんな小説が読みたい読みたい読みたい!!


誰か書いてw (;゚∀゚)=3ハァハァ


ただ会えるだけじゃつまんないから、適当にりんちゃんを危険な目にあわせて、都合よく殺生丸さまが助けにくればイイデス。萌え爆弾も要所要所に仕込んでおけばなおよろし。そんな殺りん小説を書いてくださる字書きサイトの管理人さまはおりませぬか。
ええ、激しく他力本願ですともwだって自分じゃ書けないんだもんw

さて、そんな管理人ですが、先日買った和の文様の素材集で着物の柄を作ることに挑戦しております。嬉しがって覚えたてのイラレをそれこそアレを覚えた猿のように・・・ちゃう!水を得た魚のようにイラレを起動する毎日。
そしてまたこんなの作ってみましたよ。イラレで文様をつくり、フォトショで配置。
りんちゃん、こんなの似合うかなあw




この素材集、買ってよかったよ、マジで。
インプレスジャパン、グッジョブ!

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

00:48  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは♪

日記、見てびっくりしました!!実は、キリリク等を全て消化したらそんな感じの殺りん小説を書こうと思っていたところなのです!!(゜□゜)!

もし、私ので良ければ相互記念も兼ねて差し上げますが、いかがでしょう?
渡季 | 2008年06月25日(水) 11:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。