2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'07.04 (Fri)

自分で自分の首を絞める

先日の日記でワタクシめが「どなたか字書きさまはいらっしゃいませんかー?りんちゃんが置いていかれた時の話が読みたいんじゃああああっっ」と実に他力本願なお願いをダメモトでやってみましたところ、三人の方が迷える子羊めにお恵みくださるそうで、ワタクシうはうは。
すみません、K珠さま、T季さま、Aぎさま、本当にありがとうございました。

>Aぎさま
萌え小説ありがとうございました。
小説の内容をちょっと引用させていただきますが(勝手に引用して申し訳ありません)

>当時のりんはまだ幼き子供であり、『己』という自我を持っていないに等しく、
>その時点で妖怪に転生させることは殺生丸のわがままでしかなく
>りんの気持ちを無視したものでしかないからと考えたから。
>だから考える時間を殺生丸はりんに与えた。

ここの部分、激しく同意であります。最終回以来私も考えていたことでありました。人里に残してきたのは、りんちゃんの気持ちを大切にしたからなんだと思っていました。幼いままで殺生丸のそばにいて、そのまま成長して選択肢の無いままなんとなく殺生丸の妻になったとしたら、それはフェアではないと思います。だからりんちゃんに選ばせるよう、時間を与えたんだなと。
AぎさまのSSではりんちゃんが脱人間するんですねwそれもステキwやっぱ殺生丸さまとは同じ時を生きてほしいな。ステキな小説ありがとうございました。

>K珠さま
夏休み楽しみにしております。SSの内容にちょっと縛りを入れるのを許していただけるなら、
「村のはずれまでりんちゃんは殺生丸さまを探しに行って、でもどこにもいないことを悟るりんちゃん。泣きじゃくるりんちゃんを迎えにきた楓さまが手を引いて帰っていく」
という部分がものすごく読みたいので、このシーンを入れていただければ嬉しいです。
イメージとしては、「ぼくの地球を守って」で、養父を亡くした幼いシオンが、泣きながらリアンに手を引かれて帰っていくシーン。あんなイメージ。あれ好きなんだ。もう涙でそうです。
・・・て、ああっ!?リクエストしますのところすっかり読み飛ばしてたよ;;;殺りんイラスト描かなきゃダメなのねん。他力本願だけじゃダメなのねん。
Σ(゜□゜;)
でもちょっと大きくなったりんちゃんも描いてみたいので、がんばってイラスト描いてみようと思います。

>T季さま
リンク工事遅れて申し訳ありません。工事完了いたしました。
やっぱり字書きさまとしては、りんちゃんが置いていかれた経緯や、その後殺生丸さまが会いにきてくれたシーンを書いてみたいと思われますか。ふふふ。読み手としてはぜひとも読んでみたいです~~~!留美子先生は最後にスゴイ萌え爆弾を投下してくださいましたもんね。これを生かさずしてどうしましょう。上にも書きましたが、泣きじゃくるりんちゃんが、楓さまに手を引かれて帰っていくシーンを入れてくださると、管理人イヤッホオオオオオ!と叫んで喜びのあまり外付けハードディスクを破壊してしまいそうになります。楽しみです。よろしくお願いします。

K珠さま、T季さま、Aぎさま。完成したら宝物殿のほうに飾ってもよろしいでしょうか。
しかし待て。平等にしなければいけないので、それぞれ御礼イラストを描かねばなりません。
つーことは、三枚?


ワタクシ

自分で自分の首を絞めた!?

Σ<(゜▽゜;)>


テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

12:33  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。