2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.17 (Mon)

一番最初に読んだ殺りん小説

最近ステキ殺りん小説サイト様を2件発掘しましたので、殺りん小説を夢中になって読んでいる管理人です。
思い起こせば5年くらい前。まだサイトを開設する前。殺りんにはまって間もない、綿毛のようにふわふわで純粋なワタクシめは、ひたすら殺りんを求めてネットの海をバタフライで横断する勢いで、殺りんサイトをかたっぱしから読み歩いておりました。特にワタクシのお気に入りは、小説サイトさまで、神字書きさまが執筆される華麗な殺りんの世界に魅了され、仕事から帰ってきたらすぐにパソを立ち上げ、寝る間も惜しんで読みふけっておりましたよ。
ワタクシが生まれて初めて読んだ殺りん小説は、今はもう閉鎖されておりますが、本当に素晴らしい字書きさまが織り成す小説で、殺生丸さまとりんちゃんの間にある、付かず離れずの微妙な距離感と緊張感をうまく表現されていて、ラブラブな二人のに決して甘すぎず、閉鎖された今でもワタクシの心の中で輝いている素晴らしい小説でした。

・・・というのは表向きなことに今気づいた。
自分の黒歴史を都合よくすっぽり忘れていたよ。
ワタクシが一番最初に読んだ殺りん小説は・・・アレだ。


某巨大掲示板に投稿されていたやつだ

しかも
エロ殺りんだった



あわわわっ。痛い。痛すぎる。
_| ̄|○

毎日深夜に投下されておりましたので、早く続きが読みたくて、朝起きると同時にパソを立ち上げ続きを読んでおりました。朝っぱらから殺りんの世界に浸れるしあわせw
その小説が完結したものの、満足できないワタクシは、さらなる殺りん小説を求めて検索し、ファンサイトなる存在を初めて知り(それまでネットに同人サイトなるものがあること自体知らなかった)次々と小説を読みあさり、それだけでは飽き足らず自分でもサイトを立ち上げ現在にいたります。

それにしても小説っていいですね。
途中で挿絵などが一切入っていないのが自分好みです。なぜなら自分の脳内で好きなように小説内のシーンを妄想できるからw新しいサイト様で小説を読んで、初心に帰った気分です。
ちなみにワタクシの殺りんにはまる流れは

偶然にも原作の27巻を読んでしまう

なに?この年の差ラブラブほのぼのカップルは!

27巻から原作を逆さに読んで14巻にいきつく

某巨大掲示板の映画板で「殺りん好きなら今やってる映画は見に行け」という書き込みを読む

素直に映画を見に行く 見に行った映画は映画第三弾だった
今思えばあの書き込みは天の啓示にも等しい

そしてはまる。4回見に行く

さらなる殺りんをもとめて巨大掲示板を徘徊。殺りんエロ小説発見(このあたりが黒歴史)

さらに殺りんをもとめて一般サイトを徘徊。殺りん小説読み漁り。本格的にはまる

自分もサイトを立ち上げ、さらにはまる

という流れを今思い出しました。
もう5年くらい前になるんですね。映画第三弾はお正月映画でしたので、年の瀬が押し迫ってきますと、安室奈美恵ちゃんのFourSeasonsが脳内に流れて、胸がきゅんきゅんしてくるんです。
はう・・・また映画が見たくなってきました。DVD持っているけれど、テレビでやってくれないかな~。

テーマ : 犬夜叉全般 - ジャンル : アニメ・コミック

17:48  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。