2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.25 (Sun)

萌えテンプレ

自分の中に「萌えテンプレ」があることに、最近気が付いた。
というか、うすうす気が付いていた。
萌えテンプレとは、読んでそのまんま。萌えるシチュエーションのテンプレートである。
自分の中で、萌えるひな型が決まっているのである。
具体的にどんなのかというと、

○主人公は人外(魔物だったり妖怪だったり精霊だったり)
○でも、譲歩して人間でもおk
○だが必ず美形でお金持ち(国王とか、王子でも可)という付加価値がついてくる
○そしてなんかわかんないけれど、強大な力を持っている(財力だったり権力だったり魔力だったり)
○他人に対して冷酷な性格である

○ヒロインはなんのとりえもない、一見その辺に転がっているような女の子
○必ず幼女でなくてはいけない
○迫害や虐待を受けていた、悲劇のヒロイン。ここんとこ厨二病満載の設定でw
○過酷な人生を生きてきたから我慢強い性格 めったな苦難には屈しない
○でもいろんなことを我慢しすぎちゃって、ハタから見るとちょっと気の毒、涙を誘う
○でも本人はそんなことキニシナイ いつだって明るく元気
○そんな彼女は、無色透明な心で純粋無垢が最大の武器
○その武器で主人公の凍りついた心もメロメロに溶かしちゃうよ

○そして二人は当たり前のように年の差があるw
○身長差もある
○種族差もある
○ツン要素満載だった主人公が、お話の進行とともにデレ要素の割合が増えてくる


これらがワタクシの脳内にある萌えテンプレである。
殺りんなんか萌えテンプレどまんなかといえよう。ワタクシがはまらないはずがない。
昔から年の差カップルや種族差が好きだった。ワタクシが厨二病の真っ最中だったころに勝手に作ったお話は、ご多分に漏れずこの萌えテンプレにそったお話だった。

主人公は強大な魔法使いで美形で冷酷な性格でうんたらかんたら~。
ヒロインは人間とエルフとのハーフエルフで、エルフからも人間からも迫害されていてうんたらかんたら~。
そんなカワイソだけど純粋無垢な幼女に、冷酷な主人公は少しずつ心を溶かされていきうんたらかんたら~。

みたいなお話を恥ずかしげもなく作っておりましたとも。
それがだ。犬夜叉を読んだとき、ワタクシは感動した。
まさか留美子先生が、萌えテンプレどまんなかのキャラを出してくださるとは夢にも思っていなかったから。しかも少年サンデーというドメジャーな雑誌でやっちゃってくれるとは本当に夢にも思っていなかったし。

・・・で、現在。
某殺りんサイトの管理人さまが日記で紹介されていた某小説を、うっかり読んでしまったからさあ大変。

ミミズクと夜の王 電撃文庫

これがまた萌えテンプレにストライクな小説なんですよ。
人間嫌いの夜の王フクロウと、生きることを諦め、夜の王に食べられることを望む、人間の少女ミミズク。涙なくしては読めないお話で、実際ワタクシも泣いた。詳しいあらすじは割愛するとして、殺りん好きならぜひとも読んでほしい小説です。なにしろ殺りん者にとっての萌えツボが、あらゆるところに仕掛けられております。
前半ミミズクが過酷な環境で生きてきたゆえに、無教養でアレなしゃべり方をするんですが(ここで読む側の好き嫌いが別れるみたいだ)それを乗り越えれば大丈夫。新人作家ゆえに文章が荒いとか、設定がゆるい部分もあるけれど、そんなことはキニシナイ。ステキな年の差種族差カップルのお話が堪能できます。
や、もうね。
夜の王が殺生丸さまに、ミミズクがりんちゃんに脳内で変換されちゃって仕方ない。
変換読みは、一つの作品を作り上げた作者に対して失礼だろうとは思いつつも、やっちまうワタクシは、相当重症といえましょう。
夜の王の決めゼリフ「・・・好きにしろ」ってどっかの誰かさんが使っていませんでしたっけww
んでもって、ミミズクの「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」ってセリフ。


殺りん変換したら

とたんにエロイ意味に

なっちまうのは

気のせいじゃないよな!?

(;゚∀゚)=3ハァハァ



殺りん魂を刺激された方はぜひw
家でじっくり読んでほしい作品です。ハンカチとティッシュを忘れずに。
ステキな小説を紹介してくださったT里さま、ありがちょ~~~~!


テーマ : 管理人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

13:33  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★NoTitle

はろー☆
ええっと、気のせいでしょうか?
らぴた様のオリジナル作品が、なんとなく、あのいい加減作家の先頭を突っ走っている割には人気が絶大の『BASTARD~暗黒の破壊伸~』シチュによく似てるな、みたいなwww(あれ?)
では☆
あまぎ | 2009年01月26日(月) 07:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。