2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.30 (Thu)

高橋留美子展行ってきたよ

で、昨日高橋留美子展に行ってきました。
一人で行ったけどキニシナイw会場に入るまでが気恥ずかしかったけどキニシナイw
会場は某鉄道会社に勤める友人が、日本一美しい駅舎と称えた京都駅にある美術館だ。
・・・京都駅は腐るほど行ったことがあるが、ここに入るのは初めてな自分。
京都に住んでいるくせに京都に疎い自分。 _| ̄|○

とりあえず京都駅正面玄関。

etc395.jpg

未来を感じさせるデザインがステキw
誰だよ、デザインした人は。GJを贈りたいですな。あとでネットで調べておこう。

etc396.jpg

駅のいたるところに高橋留美子展のポスターがw
カラーじゃなくてモノクロなのが、なんとなく留美子先生らしかった。

etc397.jpg

伊勢丹の中にもポスターがw 幸せでした。

etc398.jpg

チケットはコレw
当日券で入りました。前売り券だとこの絵はついてないんだって。ちょっと得した気分です。
でも前売りのほうが当然割安で入れます。
でもねっ、でもねっ!お兄様の絵も入れて欲しかったとちょっとショボンな殺りんファンですよ。

etc394.jpg

伊勢丹の中を潜り抜け、7階までエレベーターで昇り、写真の左通路をちょっと抜けたら、目の前に広がるるーみっくわーるどにクラクラ。ラムちゃんやらんまや犬夜叉達のOPアニメがお出迎えしてくれました。
これより先はデジカメが使えないので、記念にまたポスターを撮ってきたよ。

etc399.jpg

会場に入るとそこは留美子先生が30年に渡り描き続けてきたるーみっくわーるどが広がります。数々のカラー原稿とモノクロ原稿。先生愛用の雲形定規と三角定規。インクの汚れがその年月を物語っております。三角定規に貼り付けられた一円玉。そうそう、エッジのついてない定規は、こうやって一円玉を貼り付けて高さを出して使うんですよね。ワタクシもやってました。
すごいと思ったのが、先生が使われる原稿用紙。
ICかな?デリータかな?なんて思ってたら目玉がポーン状態になりますって。
留美子先生、ご自分の名前が印刷された、高橋留美子専用原稿用紙をお使いだったんですね!
す、すごいよ。これ、小学館の支給なんでしょうか。うひゃー、なんというVIP待遇。
カラー原稿もバッチリ見てきました。
ラムちゃんやらんまや響子さんもいました。
あの紙はキャンソンでしょうか?使っているのはカラーインクじゃないみたい。
しかもカラー原稿に普通のスクリーントーンを貼るってオイ!
うーん。
やっぱ自分もイラストを描くせいか、どうしても画材やテクニックに目がいってしまいます。
そして、ワタクシが足を止めて、なおかつその場を動きたくなかったカラー原稿がありました。

言うまでも無く
殺生丸さまのカラー原稿ですよ!


なんと美しい・・・。
ああ、この場に誰もいなければ。 ←どうしようというのかね

愛らしいりんちゃんもいました。七人隊もいた。奈落もいた。かごめちゃんや弥勒さまや珊瑚ちゃんや桔梗さまもいた。神楽も神無もいた。
犬夜叉の連載は終わってしまったけれど、ちゃんとここに彼らは存在していた。

どれほどその場を離れたくなかったか・・・!ずっとずっとその場にいたかったよ!

うる星、らんま、犬夜叉と構成された会場は、続いて短編作品へとまいります。
人魚の森のイラストがありました。
ああ、このイラスト見覚えがあるわ。双子の姉妹の出てくるお話じゃなかったっけ。
本屋で立ち読みして、あまりにも強烈だったから、読んでる途中で気持ち悪くなった暗い思い出があるんですよ。

で、短編作品のコーナーを抜けると次はグッズの山w
なにか買っていけるものはないかと探しておりましたら・・・。

無かった
_| ̄|○


いや、ホントに。京都らしい限定版を期待して行ったけどなかった。
正確にはワタクシの求めるお兄様グッズが無かったですよ。
お兄様をイメージした銀のリングはあったけど、9000円って高すぎ。買えねえよ。
もちっと手ごろなお兄様グッズがほしかった。
しかし犬夜叉関係が思ったほど少なかったです。かわりにラムちゃんは山のようにありました。
ここにラムちゃんの偉大さを知った思いです。留美子作品において、うる星は別格。世代を越えていまだに熱い支持がある。それはすごいことなんですが、犬夜叉ファンのワタクシ、ちょっと悔しいです。

そして出口付近には新連載、境界のRINNEの展示が。
カラーページを拡大したRINNEと、表紙だった先週発売のサンデーwが展示してありましたよ。
きっとこれは京都展が初めてね。りんくん可愛かったよ~。

新作アニメの上映はやっぱりありませんでした。(´;ω;`)ウッ
ほしいと思ったグッズが無かったこともあって、なんか敗北感みたいなのが拭えないのですが、17日まで開催していますし、もう一度行ってみたいと思います。
だってさ、留美子先生の生原なんてもう一生見れないかもしれないじゃないですか。
こんな機会めったにないので、しっかり目に焼き付けてこようと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

18:44  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★高橋留美子展

こんばんは。お疲れ様です。図録は購入されましたか?今月の8・9・10日の3日間新潟会場(アニメ上映はこちらでも日替わりで東京展では「うる星やつら」が上映されなかったので)に行って来ました。図録は東京会場と中身は同じで表紙だけ違っていました。「犬夜叉」のアニメは『黒い鉄砕牙』で異次元世界での犬夜叉と殺生丸との戦いを描き、ほぼ原作と忠実でした。朱鷺メッセ内のホテルに泊まりましたが、併設されている展望台で前売券を販売しているのを2日目に知り、2枚購入しました。直筆原画はそれぞれ最終回のクライマックスシーン、垂れ幕(?)は感動的なシーンが多かったです。新潟市観光循環バスは「犬夜叉号」「どかべん号」の二種のバスが運行していますが1時間に1本、9時頃から16時頃まで8便しかなく少し不便でした。また高橋留美子さんの知り合いで、犬の惣一郎さん、シャム猫姿のシャンプーのイラストをご本人が描かれた看板の(休みでしたが)稲垣動物病院にも行ってきました。
ところで京都には昨年の1月、京都マンガミュージアム、京都会場の駅の反対側の手塚治虫ショップなどに行ったんですが行かれましたか?
長々と個人的なことを書いて申し訳ありません。「少年サンデー」誌によりますと、今回展示会で上映されたアニメのDVDは来年の冬ごろ発売とか。それまで待つか、それとも近くの名古屋会場にも行かれますか?
m-ohgi | 2009年04月30日(木) 21:54 | URL | コメント編集

★高橋留美子展。

自分も最近京都で開催される無料チケットをいただいたので行ってまいります。
会場でどんなことやってんだろーと思い、感想を検索したらこちらのブログにヒットしました。

>ここにラムちゃんの偉大さを知った思いです。
さすがラムちゃん。ラムちゃんかわいいですもんね。グッツ楽しみです。

高橋留美子先生って有名だから超混んでそうですね。
でも、おっしゃる通り、こんな機会めったにないのですもんね。自分もらぴたさんと同じくらい楽しんできます。
うぐいす太郎。 | 2009年04月30日(木) 22:44 | URL | コメント編集

★★高橋留美子展★

らぴたさんは京都での高橋留美子展に行かれたんですね!
私は銀座での留美子展に行きました♪
すごく楽しみだったので「らんま」好きの友達と一緒に開くのを待ってました☆
本当に楽しくて楽園でしたよ(笑)
さすが原画って感じで、印刷されたのとは全然ちがいました!
もっともっと高橋留美子作品が盛り上がっていって欲しいです!
みっきー | 2009年07月15日(水) 19:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。