2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.24 (Fri)

境界のRINNE 輪廻の輪

今週から始まった新連載、境界のRINNE。
まだ第一回の連載なので、この先のお話がどういう方向に進むのか不明なのですが、一通り読んだ感想としては、とりあえずは安心といったところでしょうか。
冒頭に出てきた女の人はいったい誰?
りんくんのお母さんかお姉さんでしょうか?
あるいは、死神族というのがあってりんくんもその一族で、あの女の人もその一族の者とか?
輪廻の輪が回っていたあの謎の空間も不思議。
海の家みたいな(笑w)があって、本来生きた人間はいてはいけない場所。
それってつまり犬夜叉に出てきた、あの世とこの世の境じゃないですか?
はっ、境ってつまり境界。新連載のタイトルになってるじゃん。
……といろいろ考察のネタはつきませんw

ところであの不思議な空間で回っていた輪廻の輪。
最初みたときは、源氏車だと思ったんですよ。ほら、着物の柄であるじゃないですか。だからなんで空に源氏車?と思ってたんです。
でもこれ描くのめんどっちーですよ?
と思っていたら、ちょっと前にイラレの練習がてら、ちまちまと着物の柄を作っていたのを思い出しました。これ、使えるんでないかい?ほら、デザインが輪廻の輪にそっくりですよ。



おす!これを使ってイラストの背景にはっつけるよ!
で、ためしにこんなのを作ってみた。まずはキャラクターと重ねてどんなイメージになるか、ためしてみなきゃね。

etc390.jpg

うーん、なんか違う。なんかおめでたいなー。これはちょっと目指していたイラストの方向性が違うような気がします。で、バッサリ却下。なにか使えるのはないかな。自力で描くのめんどっちー。
そんな怠惰な管理人。使えるものはないかと、本屋さんで買ってきた市販の素材集をパラパラめくっておりました。
したらば、こんなのが目についた。

etc391.jpg

ででん!大日如来~~~。
そういえば境界のRINNEは仏教をお取り扱いでしたっけ。
関係ないが、仏様がイケメンならワタクシ達の信仰心も、もっと熱心になったかもしれんなあ。で、この大日如来のせくちーwな胸元にワタクシの目は釘付けになった。
性的な意味ではもちろんナイ。

etc392.jpg

これ、なんか似てなくね?
輪廻の輪にも似てるけど、りんくんがあの世とこの世の境wで、海の家wらしきところから500円で買った輪に似てなくね?

etc393.jpg

よす!これにするべ。
で、あの背景になり無事にイラストが完成しました。
りんくんの髪の色を悩んだのですが、あの色でいいでしょうか。
赤い髪の設定なのですが、そのまんま赤で塗ってしまうとなんか違和感あるんですよ。たとえば褐色の肌をそのまんま茶色で塗ってしまうと違和感を感じるのと同様、赤い髪ってのは赤そのまんまじゃなくて、赤寄りの茶色で塗ったほうが違和感ないのかな。
つか、赤って目にも痛いしな。犬夜叉の火鼠の衣を塗るときも目に辛かった。なので、とりあえず青なんかで塗って完成する直前に赤に塗り替えていました。

そういえばりんくんの顔はどうですか?原作と違和感ありませんか?
当サイトのイラストはアニメが基本になっておりますので、アニメ化されていないりんくんをアニメ変換して描くことになるのですが、りんくんの顔はアニメの犬夜叉、劇場版第三弾の、犬夜叉の顔を元に描きました。犬夜叉から若干ワイルドさを抜いて、可愛い目に描くのがポイントw
桜ちゃんはかごめちゃんを元に描けばOKでしょうか。りんちゃんみたいにも見えますが、留美子先生かごめちゃんとりんちゃんの描き分け放棄してたからな~。

とりあえず少ない資料を元に、試行錯誤しております。

ところでワタクシは、今さらながら犬夜叉の世界に欠けていたものがわかりました。

それは海の家

うる星にもらんまにも海の家は出てきたじゃないですか。
るーみっくの長期連載には、小銭と同様海の家は必要だったんです。
そんなわけで、るーみっくの重要ポイントをあますことなく詰め込んだ今回の連載に期待なのです。とりあえずはりんくん萌えから始めてみるよw留美子先生には珍しいデザインだけど、それがイイ。可愛いなあ、彼w


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

16:45  |  境界のRINNE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.22 (Wed)

サンデー感想 第1話 謎のクラスメート

わーいw留美子先生、新連載おめでとうございます。
こうしてサンデー感想を書くのは何ヶ月ぶりでしょう。
しかも記念すべき第一回目からの感想ですよ。長期連載がデフォの留美子作品において、第一回の感想を書けるというのは、もしかして十年に一度あるかないかのことじゃないですか?
こ、こりはもしかせんでもすごいことなんじゃないかね?次に第一回の感想を書くのは10年後だったりしてなっ!

さて、今回始まった境界のRINNE。
りんという言葉にピクッと反応した、頭の切り替えのできない管理人です。
正直新連載を受け入れられるかどうか心配でしたが、第一回の連載を読んだらとりあえずはそんな心配も杞憂に終りそうです。
なにげにおもしろかった。
今回のお話は妖怪モノじゃなくて、幽霊モノ。主人公の男の子は現世に未練を残す魂を輪廻の輪に導き転生を促す「死神・・・みたいな・・・」だそうです。
ちっ!今、転生を漢字変換したら天生になっちまった。
マイパソも犬夜叉をひきずってますがな。
今回どんなお話になるか不安だったんですが、なにげに犬夜叉テイストを残してないかい?
うまく言葉に出来ないんですが、犬夜叉が妖怪バトル物なら、RINNEは幽霊バトル物?それにちょっと和のテイストも混ざってるし、犬夜叉をひきずっているワタクシにはちょうどいいです。

さて、犬夜叉が神道(神社とか巫女とか)をお取り扱いしてたのなら、今度は仏教のお取り扱いになりそうな感じです。
主人公の男の子の名前は 六道りんね
これは仏教でいう六道輪廻からきてますね。
人の魂の有様は、下から順に地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天、声聞、縁覚、菩薩、仏、という十の世界に分けられるのですが、普通の人は下から六つまでの世界、つまり地獄界から天界の六つの世界(六道)をぐるぐると回り続けている状態(輪廻)で、それより上に行くことができません。これを六道輪廻といいます。
りんねくんの名前はモロこれから付けられたものだと思います。
つか、りんねくんなんて呼びにくいよー!

りんくんでいいじゃん!りんくんで!!
つかもう、りんたんでよくね?
混ぜるな危険かもしれんが
混ぜてもいいじゃん。
こちとら頭の切り替わらない
殺りんファンなんだよ!


さて、一方ヒロインは真宮桜ちゃん。幼いころに神隠しに会い、それ以来幽霊らしきものが見えるようになったようです。
性格はシュールなのでしょうか。もっとかごめちゃんみたいに感情の起伏のあるズバズバ物をしゃべるヒロインを想像していたのですが、桜ちゃんはクールというか冷静というか、淡々と物事を見ているようです。まだ第一回目なので彼女の性格が掴みにくいのですが、連載が進むともっと個性もハッキリしてくるのでしょうか。

で、今回のお話は今後ラブコメになるのかバトル物になるのか、まだわかりませんが、随所にコメディタッチが入っていたり、犬夜叉っぽいバトルが入っていたり、小銭にこだわるるーみっく的なセコさwも入っていたりして、全体的に良かった印象です。もしかしてナウシカのパロまで入っておりました?w
りんくん可愛かったしwそこは高く評価したいですw

さらにワタクシは妄想した。りんくんが犬かごの血縁で、桜ちゃんが殺りんの血縁だったりしたらいなと。あるいはその逆で、りんくんが殺りんの血縁で、桜ちゃんが犬かごの血縁だったらいいなと密かに妄想しております。ふっ、頭の切り替えのできないファンほどやっかいなモノはねえよなと、自分で自分にツッコミ。

とりあえず次回に期待なのです。連載終了まで感想を書き続けられたらいいな。って、もう終了の話をしてますが、留美子作品の連載はそれこそ10年単位なので、ゴールが遥先にある、長い長いマラソンのスタートを今切ったような気持ちです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

22:42  |  境界のRINNE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.20 (Mon)

カウントダウン

新連載、境界のRINNEまであと2日。
どんな連載になるかわかりませんが、RINという言葉に反応するワタクシは末期でしょうか。
願わくば、お兄様のようなクールで決してギャグに走らないお方と、無邪気で無色透明の幼女が出てくることを願っております。



んで、今後当サイトでこの作品を扱うかどうかはまだわからないのですが、とりあえず前向きに。
新連載に期待したいと思います。やっぱ留美子作品大好きだwww



12:02  |  境界のRINNE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。